製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 勤労感謝の日とは 子どもに「間違い」を教えてはいけない

勤労感謝の日とは 子どもに「間違い」を教えてはいけない

 

11月23日は国民の祝日『勤労感謝の日』

「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」

という趣旨の元、1948年に国民の祝日として制定されました。

 

しかし実はこの勤労感謝の日という名称もその趣旨も、本来

の意味とは全くかけ離れた『偽り』のものでしかないのです。

 

11月23日は決して「勤労に感謝する日」でも「働く人に感謝

する日」でもありません。

 

この記事では勤労感謝の日とは何なのか、その本当の意味や

由来、そしてどうやって子どもに説明してあげればいいのか

などについてお伝えしていきたいと思います。

実はこの11月23日という日は元々『勤労感謝の日』ではなく

『新嘗祭(にいなめさい)』と呼ばれる祭日で、非常に重要な

宮中祭祀が行なわれる日でした。

 

この新嘗祭とは天皇が日本国民を代表し五穀豊穣(豊作である

こと)そして命の糧を授けて頂いたことに対する神への感謝を

捧げるための祭り、つまり日本の収穫祭なのです。

 

 

天皇だけでなく国民全員も天皇と一体になり、秋の実りを神

に感謝する、日本国にとって非常に大切な一日でした。

 

現在と違い、当時は国民のほとんどが農家で、新穀(その年に

収穫される新米・穀物)がちゃんと収穫できるかどうかは生死

に関わることでした。

 

ですので春にその年の五穀豊穣を祈り、秋にはその実りに感謝

するという風習は、現代では考えられないほどに重要な意味を

持っていたのです。

 

しかし日本は大東亜戦争に敗戦後、日本国内ではGHQによる

日本弱体化政策が始まってしまいます。

 

GHQは日本国民から天皇や皇室に関係したものを徹底的に切り

離そうとしました。天皇という絶対的な精神的支柱を失わせる

ことにより日本を骨抜きにすることを狙ったのです。

 

そして天皇と国民が一体であった新嘗祭は宮中のみでの祭祀と

なり、国民からは完全に切り離されてしまいました。

 

そして11月23日は『勤労感謝の日』という本来の意義とは

全く関係のない内容の祝日に変えられてしまいます。

 

しかもこの『勤労感謝の日』という名称を考えたのは日本政府

ではなく、アメリカが自国の祝日にこじつけ適当に付けたもの

でしかないのです。

 

「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」

という如何にももっともらしい趣旨にしても『勤労感謝の日』

という名称に合わせて日本政府が考えた『後付け』なのです。 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp