製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 獣医師と歯科医師が連携して犬にも同じ治療を行う

獣医師と歯科医師が連携して犬にも同じ治療を行う

 犬の場合は人間だったら簡単に治療が出来る様な虫歯や破折だとしても、何故か「当たり前のように抜歯」になってしまいます。これは、虫歯や歯周病などで動物病院へ愛犬を連れて行かれた方なら必ず経験がある筈です。歯が身体の健康を維持する為に重要な役割を果たしているというのは、人間だけでは無く勿論犬にとっても同じです。それなのに、何故犬の歯科治療においては人間とは違い、簡単に抜歯する事になってしまうのでしょうか。 

その理由は、動物病院には人間の歯科医院と同じ設備や機材は当然の事ながらありません。虫歯を治療する為の設備を、動物病院に作るとしたら、2倍以上の敷地面積と3倍以上の設備資金が必要になりますし、例えそれが可能だとしても、動物病院の先生の専門はあくまでも獣医学ですから、歯科治療専門の設備を使う事は出来ません。そして獣医師には、勿論の事ながら人間の歯科医師が習得した知識や技術はありません。この事だけを考えても、設備や機材の問題や技術的な問題により「当たり前のように抜歯」になってしまうのは仕方が無いという事がお分かりになるのではないかと思います。それでは、逆に獣医師が犬の歯を治療出来ないなら、人間の歯科医師は犬の歯の治療が出来るのか・・?これは言うまでも無く、恐らく犬の歯には触った事も無いし見た事も無い!という歯科医師さんの方が多いのでは無いかと思います。

万が一、犬の歯の治療が出来る歯科医師さんがいたとしても、犬の歯科治療には麻酔を施す事もありますので、歯科医師さんの専門では無くなってしまいます。

 

 

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp