製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 光固化機光固化機のメンテナンスについての話

光固化機光固化機のメンテナンスについての話

 

 

 ハロゲン冷光光固化機は必要の審美中のポリマーの光硬化性樹脂複合材料で、主な機能は、前歯の修復および美容の回復を達成するための歯科機器です。光固化機が仕事中、固化の厚さにより、固化時間を合理的に調整できて、そして電源を入れると、稼働し始めます。その同時に、ハロゲンが光ります。

 

 どんな機器でも故障したことがあります。きょうは、ある修理屋さんの経験により、光固化機の修理やメンテナンスについて検討させて頂きます。

 

 光固化機のランプの方は、よく使われたのは直径の35㎜のものです。電燈の方は光固化機に主な光源で、機器が稼働中にはよく接触不良になります。そういう時には、すり紙などで汚れなどを除去して、電燈の正常に稼働できるように保証します。もし伝統が壊れた場合は、修理屋さんに伝統を交換して頼みましょう。

 

 光固化機通常の使用では、冷却ファンが作動する様子は、光固化機に正常稼働している事の証拠です。、もしファンが動かない場合は、ファンが不良であるかどうかを確認する必要があります。そして新しい交換する必要があり、損傷を確認しておいてください。

 

 ライトガイド(または光ファイバ棒)の端面を清潔に保つ必要があり、光ファイバ管を曲げることしないように注意してください。機器が稼働する時に、最適な青色光の効果を確実にするために、ライトガイド先端は複合樹脂材料から2ミリメートルの距離を維持してください。そして、複合樹脂材料の表に異物のないように、ご注意ください。

 

 光固化機については、また別のエラーが出てくる場合もあります。勝手に機器を解体などをしないように、直ちにメーカーとご連絡をお願いします。

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp