製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯科に関する用語

歯科に関する用語

 現在歯科のほうはまずまず話題になっていき、それにより、口腔への関心を持っている方もますます増えるようになります。そして今は歯科機器に関する機器などもより多く登場して、今の歯科分野を支えていきます。

 

 今の歯科業界では、いろいろ単語が出てきて、普段の意味と少し差がある場合もあります。今日は本の一部の単語を紹介します。

 

 まずは歯科分野の滅菌。滅菌とは「すべての細菌を死滅させること」で消毒とは意味が違います。消毒は「病原性のある微生物をある程度殺すこと」です。消毒は薬液を使う場合が多く、一般的にはアルコールや消毒液を使います。それぞれの消毒液には特徴があり、「ある種の細菌には効果があるが、ある種の細菌には効果がない」というもので、人体に有害な菌を消毒できない場合もあります。それに対し、滅菌は非常に効果的なものであるといえます。

 

 次は超音波のことです。超音波は普段と同じように、人の耳に感じないほど高い周波数をもつ音波のことを指します。一般に 20kHz以上の周波数の音波のことです。超音波の波長は短いため,障害物により影ができやすく,反射鏡やレンズなどと同じ働きをするものをつくることが可能になります。歯科分野では、超音波を利用して、歯石などの除去や、器具などを滅菌などに用いられます。

 

 ほかにもいろいろあると思います。ひとまず以上の二つを紹介します。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp