製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯科用口腔内カメラの話

歯科用口腔内カメラの話

 歯科用口腔内カメラは、ワイヤレスで使用できるため、手鏡では見えにくい奥歯や歯の裏側などをモニターに映し出すことができます。現在の口腔内カメラによって、患者様自身の目でお口の状態を確認することができるようになりました。

 

 普段では、自分の目で自分の口腔を見るチャンスがあまりないと思います。「奥歯に虫歯があるといわれても痛くもないしよくわからない」「親知らずがどうなっているのか知りたい」という方は少なくないんじゃないでしょうか。歯科医院でレントゲンや手鏡で口の中を見ることはよくあると思いますが、実際の口の中はどうなっているか見たいと思ったことはありませんか?

 

 現在口腔内カメラの導入により、口の中を撮影できるというものです。この機器では、先に小さなカメラがついていて、今まで手鏡での確認が困難だった上の奥歯や、親知らずの様子がしっかりと確認できるので、納得して治療を受けていもらえます。

 

 歯科用口腔内カメラですが、歯科分野の治療をよりやすくさせてくれます。口腔内カメラがあるこそ、虫歯や歯周病そしてほかの歯科疾患を前期に発見でき、治療のほうもよりやすくなります。そして、患者様が自分の目で口腔内の現状が確認できるだけではなく、治療中の心地もよりよくさせます。

 

 現在の歯科病院では、口腔内カメラーは欠かせない大事な存在で、今の歯科業界を支えていきます。 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp