製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 予防歯科の重要性

予防歯科の重要性

 

  現在、日本人の多くは80歳の時点で自身の歯を7~8本程度しか残せていません。歯の総数が28本ですから、80歳までに20本以上もの歯を失っていることになります。その歯を失う原因のほとんどが虫歯と歯周病です。現在流行っている8020運動それをもとにして出した運動なのですが、80歳のときに20本の歯を残していきたいという旨です。

 ホワイトニング機器

  歯科先進国である欧米では、予防のために歯医者に通う習慣が根付いており、日本人と比較しても高齢者の残存歯数に顕著な違いが見られます。その流れを受け、かつて歯医者は「歯が悪くなってから通うところ」「歯の治療で通うところ」という風に考えられていた日本でも、歯科医院は「予防のために通うところ」という認識が高まってきています。

 

「治療」と言う言葉は、聞こえはいいですが歯科においては「自分の体の一部を削って破壊し、人工物で埋める」ということに他なりません。つまり治療だけで歯科医院に通院するという事は、通院の度に自分の体の一部を失い続けることになります。口腔内には多くのむし歯菌、歯周病菌が住んでいて、それらが活動しやすい環境(磨き残しが多い、間食が多いなど)ではいくら「いい治療」を受けても数年後にはその病気は再発し、治療を繰り返します。そのような悪循環で歯を失っていくから予防歯科を推奨しているのです。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp