製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯科ハンドピースの使用中の注意事項

歯科ハンドピースの使用中の注意事項

 

 現在の歯科用高速ハンドピースは、エアーのドライブで、稼働する歯科機器の一つです。高速ハンドピースの回転速度により、歯科治療の効果や治療の精度などに直接に関わります。ですから、一般的に、回転速度が一旦減っていると気がしましたら、すぐ点検や修理などが無視できません。

 

 限定気圧を基にして、回転速度が高ければ高いほど、作業された位置は精確になります。そうすると、患者様に与えた治療心地もより良いさせます。ということにより、治療中製品の回転速度がどれ程重要なのか、その部分にも表しています。

 

 ハンドピースの故障は、一般的に軸の故障とされます。では、軸の故障はどう起こるのでしょうか。大体「疲れ寿命」と「円滑寿命」と二つあります。

 

 「疲れ寿命」というと、なんでしょうか。ずっと一本のハンドピースを治療に使用して、ハンドピースを疲らせて、故障を起こります。そういう場合は、ハンドピースの疲れにより寿命を減らすことは「疲れ寿命」と言われます。では、どうすればそのことを回避できるのでしょうか。答えは、二本や三本のハンドピースを交替して治療をします。

 

 ハンドピースは治療中、高速で回転して、何回の治療後、疲れるようになります。そして、その時に軸も大分仕事して、少し休みが必要なのです。もし何本のハンドピースを交替して使用すると、その疲れも減らせます。

 

 「円滑寿命」というと、やはりメンテナンスの不足と言っても過言ではありません。日常のメンテナンスでは、軸の洗浄や注油などがとても大事な流れです。軸の注油についても、この前一度紹介致しましたが、詳しく見るのはこの前の記事をご参考ください。

 

 ここでご注意すべきことですが、ハンドピースのブランドの違いにより、限定気圧も違います。またですが、ハンドピースについては三ヶ月ごとに一度プローなメンテナンスがおすすめします。その際には専門者にお任せください。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp