製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯磨きの効果的な方法とは

歯磨きの効果的な方法とは

 

 

 

 歯磨きということは誰でもよく知っていると思います。現在の社会では、口腔への関心を高くなる一方で、毎日の口腔ケアを大事する型がますます増えていきます。歯磨きときたら、口腔ケアをキズク関連していますが、では、なぜ毎日歯磨きをしているのに、また口腔疾患になるのか、ご存知でしょうか。

 

 毎日歯磨きしていても、また虫歯などにかかるなんての原因と言ったらなんでしょうか。まずは歯磨き方が違うから、ケアになれません。二番目の原因は、毎日の歯磨きだけでは、ケ虫歯の予防などにはまだまだ足りません。普通のブラシによる歯磨きは、歯垢などを除去できません。ただの屑などを除去できます。もし電動ブラシのほうは、歯垢などを粉粋して、除去することができます。

 

 実は、虫歯や歯周病になるのは、根本的にいうと、ケアが不徹底的ということです。例え毎日歯磨きをしても、歯周病や虫歯にかかるリスクも減っていません。原因は、不適当な歯磨きや、不徹底的なケアと言えます。

 

 それからは、歯磨きの効果的な方法についてお話しましょう。

 

 歯磨き方法は主に、「歯ブラシの毛先を使う方法」と、「毛の脇腹を使う方法」に大別されます。一般的に、毛先を使う方法は歯垢の除去効果が高く、脇腹を使う方法は歯肉に対するマッサージ効果が期待できると言われています。

 

 歯磨きする時には、全体的にただ磨くのではなく、歯を1本ずつ確実に磨いていく感じで磨くのが良いようです。歯ブラシの毛先部分を歯と歯肉の境目に直角に軽く当てて、軽く小刻みに振動させるように磨くと綺麗に歯垢を落とすことができます。歯ブラシを横に動かすだけでなく上下にも歯ブラシを動かして磨きます。歯ブラシを縦に当てて磨いたり、上下左右に動かしたり、またはグルグル回すように磨くのも効果的です。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp