製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯痛と頭痛

歯痛と頭痛

 

 一言に頭痛と言ってもその原因はさまざまで、もしかしたら歯痛が関連している可能性もあります。その頭痛が、本当に歯痛が原因で起こっている頭痛なのか、この記事では、歯痛と頭痛が同時期に発生した場合を紹介していきます。

 

 頭部の神経と歯の神経は、比較的近い位置にあります。そのため、どちらかに炎症が起こったとき、もう一方まで影響が及びやすく、歯痛と頭痛が併発することがあります。痛みは広い範囲に発生するため、どちらの痛みが原因となっているのかわかりにくいことも少なくありません。[歯科通販]

 

 群発頭痛患者の約42%が歯科を受診しているというデータもあります。(他には眼科、耳鼻科に受診することも多いようです)

 

 もしも歯が痛いけれども歯医者では原因が分からないと言われ、目の奥に鋭い痛みを感じることがあり、頭痛の発作も起きているような人は、一度頭痛を専門とする脳外科や神経外科にご相談下さい。

 

 歯が抜けたままになっていたり、合わない被せ物を放置しておくと、噛み合わせが崩れ頭痛と噛み合わせも大きく関係しています。咀嚼筋という噛み合わせに関連する筋の中でも一番大きな側頭筋が凝り固まってしまい、頭痛を引き起こします。歯が抜けたままになっていたり、合わない被せ物を放置しておくと、噛み合わせが崩れて頭痛が起きやすくなります。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp