製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯の変色の原因と相応な対策法

歯の変色の原因と相応な対策法

 

 生活レベルが上がる一方で、体の健康だけではなく、口腔への関心を持っている方もますます増えるつつあります。現在の口腔ケアというと、自宅で毎日の歯磨きだけではまだまだ足りません。歯科病院では、いろいろ矯正方法や治療方法などが登場しました。では、今日は歯の変色について少し話をしましょう。

 

 歯の変色ときたら、大体以下のような原因があります。

1.病的な変色

 病的な原因というと、どのような歯科疾患が原因でしょうか。まずは歯周病です。黒ずんでいる場合歯周病が進行してしまうと、歯茎の内部から黒く変色してくることがあります。次は虫歯。歯と歯の間にできた虫歯が進行した場合や、神経が死んでしまった歯の場合など、エナメル質を通して黒ずんで見えることがあります。

 

 病的な変色を改善すると、もちろん病気を治すことです。

 

 2.食生活による変色

 食生活の変色というと、どういうことでしょうか。食生活による変色は大体以下なように挙げられます。喫煙、色素の深い食べ物や飲み物をする。例えばコーヒ、紅茶、チョコレートなど。

 

 その場合は、それらの色素の深いモノをできるだけ控えて、そして歯科病院でホワイトリングをもらうこともできます。

 

 3.加齢による変色

 加齢による着色汚れは、年を取るごとに歯の表面が削れて中側が見えてきてしまうことで起こるものです。歯の内側には、象牙質と呼ばれる層があるのですが、加齢とともにこの層の色が少しずつ濃くなってきます。

 

 現在は、加齢の変色にたいして専門はホワイトリング法が登場しました。このことは一度歯医者の友達から聞いたことがありますが、詳しくことは歯科病院へお尋ねください。

 

 どの原因で起こる歯の変色は歯科機器でホワイトニングをすることができます。ご安心ください。そして、日常のケアも無視できません。大事にして行きましょう。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp