製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯が痛い、なぜ?

歯が痛い、なぜ?

 

 ある日突然起こる歯の痛み、憂鬱になりますよね。痛みの種類は鈍いものからずきずき鋭いもの、刺激した時のみ痛い場合や常に痛い場合と様々ですが原因も虫歯にとどまらず全く違うところからきている場合もあります。では、歯が痛くなった原因はなんでしょうか。

 

 ◆知覚過敏

症状

・歯の表面の象牙質が露出してしまい、敏感に反応してしまうことで歯がしみる

・冷たいものや温かいものがしみるが、痛みは一時的で、たたいても痛くない

 

◆虫歯レベル「C2」

※「C」とは虫歯を意味している歯医者さんの専門用語『カリエス』の頭文字から取っている。「C2」とは、虫歯がエナメル質の奥にある象牙質まで進行してしまった虫歯レベルのこと歯科器具

 

症状

・象牙質には神経とつながっている管があるため、冷たいものや温かいものの刺激が伝わって痛みを引き起こす

・冷たいものや温かいものがしみて、慢性的な痛みを感じる。歯をたたくと響くように痛む

 

 歯そのものにはまったく異常がなくても、内臓が悪かったり、腫瘍などが出来て神経を圧迫したりすることによって歯が痛くなることがあります。このように、痛みが出ている場所が直接の痛みの原因となっておらず、 他の箇所の負担からきて痛みが発生している場合を関連痛(または、連関痛)と言います。

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp