製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 根管治療中機械が破断した場合の対策

根管治療中機械が破断した場合の対策

 

 

 根管治療を受ける時に、予め「治療中もしも機械は破断する場合は慌てないでください」と先生に言われました。根管治療中は、機械の破断は、めったにないことですが、一度もないこととも言えません。その時は、ぜひ慌てないで、治療を中止してはいけません。

 

 根管治療は、相当複雑な歯科治療の一つで、治療中には色々な歯科器具が必要です。治療中、使われた器具は抵抗力やトルクなどで、器具の破壊も回避できないことになります。

 

 もし、器具が治療中破断する場合は、医者はまずⅩ線を撮り、破断した器具の位置を確認します。そして、位置を確認したら、破断した器具を取ります。現在は、根管顕微鏡とう機器が登場して、破断した器具を確認できて、器具を取る効率を上げます。

 

 もし、撮れない破断した器具がある場合は、そのまま根管においても構いません。きちんと滅菌や消毒した器具は根管充填としても大丈夫で、炎症などを起こることも滅多にありません。

 

 ほとんどの器具の破断は根管内に行うことですが、血液に流すことはありません。そして、それだけの器具の破断は体他の疾患になることもないです。器具の破断により、抜歯する事が滅多にないです。抜歯の原因は一般的にほかの口腔疾患で抜歯になります。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp