製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 年寄りの口腔ケア

年寄りの口腔ケア

 

 口腔ケアには、虫歯や歯周病、口臭の予防だけではなく、生活にリズムを作り、食べることや話すことをサポートして、QOL(生活の質)を向上させる目的もあります。自分の口で「おいしく食べる」ことは、大きな楽しみであり生きる意欲につながります。

 

 年寄りの口腔ケアは高齢者にとって、様々な疾患の予防にも繋がっている大事な日常手入れです。歯磨きや入れ歯の手入れにより、お口の病気を防ぎ、誤えん性肺炎を予防して全身の健康を保持増進させ、リハビリテーションにより、咀(そ)しゃく機能や舌動きを回復させることを「口腔(こうくう)ケア」といいます。「口腔ケア」をおこなうことによって、生活の質を高め、心身共に自立した生活を送る手助けをします。歯科機器

 

 基本的な口腔ケアのプラン

 

虫歯の予防処置を行う

* 歯肉(歯ぐき)・舌などの病気を予防する

* 口臭予防(細菌の繁殖を防ぐ)

* 口腔内乾燥症の予防を行う

* 口腔衛生の向上によって味覚を向上させる

* 味覚の向上によって食欲を増進させる

* 咀嚼時の誤嚥による「誤嚥性肺炎」を予防する 

 

 また注意すべきことですが、高齢者の虫歯も無視できません。高齢者ではエナメル質がすり減っていたり、歯茎が縮んで歯の根元(歯根)が露出していたりして、そこからむし歯に侵されやすくなっています。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp