製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 電動ブラシの現状及び展望

電動ブラシの現状及び展望

 

 現在、家族の経済が許す場合は、電動ブラシを使う家族がだんだん増えていきます。電動ブラシは、普通のブラシより、もちろん歯石の除去や歯垢などの破壊などには一層効果的ですが、でもコストの方も何十倍およそ何百倍になります。ということなので、電動ブラシは今普及できません。コストが下がるまでは、普及できないことですね。

 

 現在の電動ブラスは、大体バッテリー入れと電源入れといったような二つがあります。伝統的なブラスと比べて、電動ブラスの方は電の衝動で、分ごとに何千もの毎分何千回ものスピードで稼働していて、歯垢などを破壊し、除去します。効率の方は、普通のブラシより一層高めます。

 

 現在のいろいろの調査では、電動ブラシのほうは、プラークを効果的に除去できるし、歯茎の炎症などを減少できるし、そして歯を磨く時には、歯茎に傷を少なくつけることなどが判明できました。でも、現在の社会では、電動ブラシをつっかている方が依然そして少ないですが、なぜでしょうか。

 

 これによりアンケートを行いました。調査の結果、電動ブラシの価額やブランドの混乱などが原因です。正直に言えば、電動ブラシの価額は一般的の家庭では引き受けにくいです。メーカーにたいしてはここですコスアドバイスを差し上げたいですが。まずは宣伝のほうはもっと力を入れてください。そして、ブランドの意識を強化して、市場に入れて、多くの人間に引き受けてください。生産中には、できるだけコストを下がってください。

 

 現在経済の発展とともに、電動ブラシはいつの間にか、各家庭に使われるようになります。この日を一々早めにくるように、メーカーも消費者両方の努力が無視できないことです。そうなると、口腔問題も効果的に下がることができるだけではなく、消費者の方から考えると、楽になるのではありませんか。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp