製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯科ハンドピースの修理誤解について

歯科ハンドピースの修理誤解について

 

 現在歯科ハンドピースの需要により、ハンドピースの故障にも注目を集めました。ハンドピースについては、よくメンテナンスの不足や、操作のミスでいろいろ異常を起こしました。器具のほうは、使用時間により、操作の方式により、故障することも回避できません。ハンドピースは現在の臨床歯科にとって欠かせない重要な器具の一つですが、故障した場合はどうすればいいのでしょうか。今日は、ハンドピースの修理誤解について紹介しましょう。

 

 誤解1.故障したパーツを交換する

 パーツの交換というと、特にカートリッジのことを指します。ベアリングを交換するごとに、一部の損傷があります。たとえ新なベアリング交換しても、ほかの部分に損を与えます。一般的にベアリングの異常の場合は、カートリッジ全体を交換することがお勧めします。

 

 誤解2.ベアリングが高ければ高いほどいい。

 ベアリングを交換することにより、一定程度では損が生じます。どれほど高いベアリングとしても、カートリッジ全体の都合に関係があります。ですから、たとえベアリングの修理でしたら、高いベアリングの交換は必要ありません。

 

 誤解3.サプライヤに責任をとってもらう

 実は、製品が故障した場合は、直接にメーカーの方と連絡するほうがもっと時間を節約できます。ある場合、サプライヤと連絡すると、一層時間をかかりますし、コストも上げます。

 

 誤解4.節約のため自分で修理する

 ハンドピースの修理は、どれほど複雑なのか素人の私は理解できません。修理に関する器具や、修理後のテキスト用器具なども、そんな簡単に手に入れることではありません。そして、ハンドピースを修理後、回転速をテストする時に、肉眼で見える速度は、専用な測定器と測る速度とは比べになれません。ですから、勝手に自分で修理する事はお勧めしません。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp