製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 妊娠したら、X線レントゲンを撮れますか

妊娠したら、X線レントゲンを撮れますか

 X線レントゲンとは、歯科分野で最も大事は疾患判明の方法で、口腔疾患の発病位置や治療範囲などを判明させます。X線レントゲンにより、治療の深度、虫歯の発病範囲、口腔炎症の原因、そして、医者と患者のコミュニケーションの証拠そしても、多くの歯科病院に愛用されています。では、妊婦はX線レントゲンを撮れますか。

 

 もし、妊娠の準備している方にとっては、X線レントゲンを撮った六ヶ月後、また妊娠をおすすめします。もし、既に妊娠した場合は、妊娠三ヶ月後、X線レントゲンをおすすめします。なぜかというと、妊娠初めての三ヶ月に、赤ちゃんが普通の人間より敏感です。もし、三ヶ月後X線を取らなければならない場合は、保護エプロンをつけるほうがいいと思います。

 

 X線レントゲンについては、一般的に二つのポイントを注意しましょう。一つは緊張しぎること。二番目はX線レントゲンの害を無視すること。人体に害を引き起こす放射線の特定の線量は可逆的です。医者は、X線の害と治療との必要さをメジャーして、害よりも良い場合は、x線をとることにします。一年中、日常の光や太陽などからもらった放射性元素はx線レントゲンの400倍になります。ですから、x線くらいの放射性元素の場合は、心配することはありません。

 

 尚、妊婦さんの方は、日常の口腔ケアを一層大事にすることがおすすめします。x線を撮るときには、適当な保護を行ってくださいね。

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp