製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > ハンドピースのバーが入れなくなる場合の対策

ハンドピースのバーが入れなくなる場合の対策

 現在の歯科分野では、歯科ハンドピースの需要がより一層多くなっていきます。ハンドピースの件は、使用時間や操作ミスなどによりいろいろ異常などを行います。ハンドピースの異常ときたら、水漏れや、バーが抜けるなどがよく起こす事が挙げられます。今日は、歯科ハンドピースについてーが入れなくなる場合の対策について少しお話します。

 

 異常:バーが入れなくなる

 対策;

 1.裏蓋を下して、カートリッジの羽を下します。

 

 2.専用なオイルなどで繰り返して軸を掃除します。

 

 

 3.カートリッジの羽を洗剤がある超音波クリーナーの中で洗浄します。

 

 4・そして、風輪部分を何度もおしながら洗浄します。汚れが出てこないまで何度も洗浄しておきましょう。

 

 5.最後には、カートリッジの羽を出して、ドライして、元にします。そして何度も注油します。

 

 以上なような手順を進んでもまだバーが入れない場合は、カートリッジを交換するしか仕方ないと思います。カートリッジの交換は、自分でできると思いますが、カートリッジは同じ型番の製品がお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp