製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 根管治療器に関する使用注意事項

根管治療器に関する使用注意事項

 虫歯や歯周病などにかかったら、歯科病院で治療を貰わないと、歯を喪失しか仕方ないみたいですね。では、虫歯などにかかると、どのような治療を行うのでしょうか。答は根管治療です。管治療とは、リーマーやファイルと呼ばれる器具で細菌に感染してしまった歯質や神経を徹底的に除去し、根の病気(根尖病変)を治療・予防するものです。「Root Canal Treatment」を略して「RCT」とも呼ばれます。

 

根管治療器に関する使用中注意事項:

 1.ペースメーカーをついている患者には使用禁止。

 2.根尖が壊れた場合は、測定などが間違うので、Ⅹ線と合わせて治療をする。

 3.根管治治療器は、全部0ミスではありません。ですから、全部根管治療器に任せることはお勧めしない。

 4.消毒されたフォックは、表面の酸化物層を研磨する必要がある。

 5.毎度治療する前に、ちゃんとパワーをチェックしておく。十分な電力を確保する。

 6.根管に入れるまで、根管を乾燥しておく。回路ショートを避けるように。

 

 作業の正確な長さがあるこそ、比較的完全な根管充填を行う可能性が高くなります。今行って根管治療は、より高度な機器や材料の使用をしなければならない品質の結果の高効率高い基準を達成することができますが、それでも制限条件の場合また、権利を持っている必要があり、測定器を改善するために、ステップバイステップで必要になる場合があります。側根管開口部の限定により、ただのX線により根管の長さを確認できません。ですから、Ⅹ線と根管治療器を合わせて治療するほうがお勧めします。

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp