製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯科ハンドピースに関する話

歯科ハンドピースに関する話

 歯科ハンドピースを実用することがありますか。歯科ハンドピースのことを詳しくしっているのでしょうか。一般に圧力計に表した圧力は、ハンドピースに到達すると、1.0psiの差があり、実際の圧力に加えて行きます。また、それは常にハンドピースの騒音を聴いて、発生するノイズに注意を払う必要があり、異常なタイムリーな空気圧を調整することが注意してください。

 

 ボールとOリングが最も可能性の高い部品で、破損されやすいです。そしてハンドピースのベアリングは、多くの成分から構成されています。高温殺菌法は、より多くのボールが損傷の程度を増加させる生成します。ボールのタイムリーな交換とOリングが今より多くの時間とお金を節約することができ、より多くの医師は、光ファイバでハンドピースを使用することを好みます。

 

 ハンドピースの価格は、一般的に光ファイバ20%-40%のないものよりも高価です。使用期間にわたって、このハンドピースの光強度は、試験が行われた、1000回を使用した場合は、光強度が50%減少しました。減光強度の原因は次のとおりです。滅菌プロセスブラックバインダー樹脂の質問の全ての繊維ように、個々の繊維の破断、レンズは、繰り返し使用による粗くなり、レンズは、他の物質で覆われています。レンズを使用すると、(特殊な研磨工具で)きれいに磨くことができ、まだ問題を解決することは比較的容易です。しかし、光ファイバの変性および破壊を回復することは困難です。

 

 ハンドピースに対しては、メンテナンスも無視できません。メンテナンスによりハンドピースの寿命を確保できるだけではなく、患者の間の交差感染も回避できます。メンテナンスについてはもっとも重要なのは滅菌のことだと思います。滅菌については、この前にもいろいろハンドピースの滅菌について検討しましたが、より多く見るのは前の記事をご参考ください。

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp