製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 超音波スケーラーメンテナンスと一般的な故障処理

超音波スケーラーメンテナンスと一般的な故障処理

 

 超音波スケーラ―は今歯科分野では欠かせない大事な歯科機器の帆ひとつといっても過言ではありません。超音波助スケーラーは20HZを超える超音波で歯石や歯垢を粉にさせて除去する歯科機器で、多くの歯科病院には愛用されています。超音波スケーラーの登場は、歯石などの除去をより一層効果的に、便利的にさせます。そして時間やコストの方もかなり下がるようになりました。

 

 でもどんな医療機器でも、故障や異常になる場合は回避できません。では、超音波スケーラーの方はもし故障した場合はどう処理すればいいのかしっていますか。早速ですが、超音波スケーラーのメンテナンスと一般的な故障処理についてお話しましょう。

 

 1.振動だけで水が出てこない場合

 まずは機器に水があるかどうかそしてバルブのスイッチがあけているかどうか確認してください。もしそれらには問題ない場合は、電子弁のことにキューブには「パパ」の音がしているかどうかチェックしてください。もしキューブに音がする場合はスリーウェイシリンジでエアーを逆に吹いて、その同時にフットベルダを踏みながら、機器をチェックします。何度もエアーを中に吹くと、音を解決できるはずですが、もし電磁弁がひどく腐食された場合や、電磁弁の線が焼き折れた場合には、解決できません。その場合は、電子弁の掃除と交換、また線の交換により問題を解決できます。

 

 2.水が出るんですが、振動が弱い場合

 その異常を出る場合は、おそらくチップが老化過ぎて、或いはチップがユ緩くなったりするからです。また、接続口のところに水があると、振動が弱くなる場合もあります。ですから、振動が弱くなる場合はチップのことと接続口のところを重ねて確認してください。

 

 3.水が出ますが、振動しない場合

 この場合、一般的にハンドピースのほうが異常があると判断できます。その場合は勝手に製品の解体などをせずに早速メーカーや専門な修理屋とご連絡をください。

 

 他の注意事項もあるんですが、超音波スケーラーを使用する前に、ちゃんと説明書を参考してください。わからない場合はメーカーと連絡をください。

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp