製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯科ハンドピースの修理意義

歯科ハンドピースの修理意義

 

 弊社の返送記録によりますと、ハンドピースの異常で返送した製品が半分以上超えました。それはなぜでしょうか。メーカーに返送して点検してみたら、操作中のミスやメンテナンスの不足がメーカーからの話が来ました。では、ハンドピースの修理意義はいったいなんでしょうか。そして、日常の使用中では、どのようなことを注意すべきなのか知っていますか。

 

 歯科ハンドピースは稼働中には、色々摩損やマイナス圧力、そして腐食メディアや自然浸食などで、変性したら、故障したりします。そして、それらの外因により、ハンドピースの強度や精度、そして回転速度などもだんだん弱くなります。ハンドピースの異常は、主に、パーツが緩くなる、パーツの老化、接触不良およびコントロール不良などの形式で表します。

 

 以上のような障害のないように、メンテナンスや修理などが必要です。メンテナンスやハンドピースの修理およびパーツの交換により、ハンドピースの性能を回復か保持することができます。そして、メンテナンスによりも、試用期間を長くできます。ハンドピースの点検やパーツの交換などは全部修理といいます。修理というリンクはハンドピースが成長に稼働できる欠かせない重要な管理といえるでしょう。

 

 歯科病院は、患者をサービス対象ととして、口腔医学技術を主な治療ベースとして、歯科分野を支えていきます。そして、口腔の治療ときたら、ハンドピースが欠かせません。ですから、もしハンドピースが故障したら、直接に歯科病院の仕事を邪魔になります。ということですが、歯科ハンドピースの修理やメンテナンスなどが歯科分野が正常に進める一つの確保ではないでしょうか。

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp