製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 根管測定器に関する話

根管測定器に関する話

 

 歯科通販の弊社では今いろいろ歯科機器や歯科器具がそろっています。歯科機器などもいろいろご注意事があるのですが、今日は根管測定器について少しお話しましょう。

 

 根管測定器についてですが、ある時に信号が弱くて測定ができない或いは誤差が大きいという時がよくあります。でも、その時は、本当に機器のせいでしょうか。実は、そういう状況を起こったのは、根管先には屑がいっぱい集まっていて、機器が先まで届けない可能性が高いです。もし先まで届いても、屑は根管治療用チップと歯周膜を隔ててます。屑のレジスタンスは図れないため、誤差が出ることも王までもありません。

 

 また、信号が弱くなったり、信号がなかったりする場合は、まず連続のことをごチェックをください。時には、機器を使用して、移動する場合は、連続線などが緩くなったり、脱出したりすることも結構出るのです。ですから、信号がない時には、どこの連続口とも全部チェックしてください。

 

根管治療に関する歯科機器のほうは、使用禁止もあります。

1.脉拍调整器が付いている患者には根管治療用歯科機器を使い禁止。

2.回路やショートになる可能性を回避。

3.根管が未熟、もしくは根管が厳重に破壊された場合の測定は誤差が大きいです。その時は是非Ⅹ線と一緒に合弁使用する。

4.現在の科学では、根管測定器の誤差はどんどん小さくなっていくけど、全部機器を信じて機器を依頼してはいけない。

 

 根管治療に関する機器も弊社がいろいろそろっています。ご興味がある方はHPへお越しください。

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp