製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯科タービンの話

歯科タービンの話

 1957年タービンがこの世にに登場してから、歯科タービンはすばやい回転速度(遅いのは40万rpmに達して、早いのは100万rpmに達知られるほど歯早いスピード)で、歯科治療や歯科の発展を支えていきます。現在、歯科タービンの発達に関心を持っている医者だけではなく、患者様のほうもだんだん増えていきます。なぜ患者様もハイテックのタービンが望んでいるでしょう。理由というと、やっぱり受診心地がよくて、苦労も少ないです。現在の社会では、歯科タービンは欠かせない重要な存在とされます。

 

 現在の市場では、いろいろな種類やいろいろメーカーのタービンが登場しました。でも、タービンのメーカーや、タービンの種類などに悩んでいる方も結構多いです。タービンの価額面からいうと、高いものは、自分の日常ケアにより、タービンの寿命などを長くさせられます。他面では、タービンが稼働中から停止する場合は、生じたマイナス圧力が唾液や血液などをタービンの内部に弱流させて、タービンを壊すだけではなく、ちゃんと滅菌と消毒をしておかないと、次回治療の時に、次の患者に交差感染をさせるリスクが高いです。

 

 そして、治療により、タービンを摩損を与えます。それは回避できないことです。調査によりますと、タービンを摩損させるもっとも根本的な原因は過熱と屑にことです。もし、唾液や血液そいsて治療中生じた屑などが直ちに除去できないと、高温滅菌で塊になり、タービンを塞ぐようになります。そして、無理に稼働させると、タービンのほかのパーツにも障害を与えます。ある実験によりますと、滅菌温度が135°を超えると、タービンの内部パーツを壊します。

 

 一般的には、タービンの原料の組成はほとんどスチールなので、メンテナンス中、しっとりとする環境を避けてください。そして、隔てる方法としては、注油が一番効果がある方法としていろいろ歯科病院に愛用されています。歯科タービンに関し手は一応以上のようにあげられます。不完備ですが、ご指導をお願い致します。

 

 

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp