製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 家庭用蒸留水機についての話

家庭用蒸留水機についての話

 

 現在の歯科分野の発達につれて、歯科分野の歯科機器などもいろいろ登場しました。そして、治療用歯科器具への注目も多く集まっていきます。現在のハンドピースといったような歯科器具の場合は、まず関心を持っていることは消毒と滅菌ことに間違いないと思います。今日はまず歯科器具の滅菌と滅菌に関する蒸留器などについて少しお話しましょう。

 

 歯科器具の滅菌といったら、現在の医療分野ではどうしても欠かせないと思います。既にお聞きななったと思いますが、近年歯科の治療で肝炎やエイズなどに感染した患者様もおるようです。確かに危険なことですが、もし歯科器具が徹底的に滅菌しておかないと、交差感染になるリスクが結構高そうですね。

 

 歯科分野の滅菌というと、オートクレーブ、いわゆる滅菌器のことが欠かせません。それは誰でも知っている事実なんですね。でも、ほかには何が必要ですか。答は蒸留水です。滅菌器を長く使えるように、滅菌の時に蒸留水が必要です。なぜかというと、蒸留水でない場合は、水の中の異物を機器を塞ぐことになり、機器を壊しますので、ぜひご注意ください。

 

 蒸留水ときたら、ここでは弊社の家庭用蒸留器がお勧めしたいと思います。この製品に関する主な特徴は以下のようにあげられます。

 

●日本用100V定格電圧  ( 100V 6A )。蒸留が終了すると自動的に停止します。夜セットすれば朝には出来上がっていますので夜間電力が利用できます。 

●純水は様々なミネラルを持ちるが、それが高温で蒸発して、しばらくの時間で水垢を生むから、不適切な閉鎖で蒸気の漏洩する場合があります。また、パイプと圧力センサが詰まるこ   と、温度センサーの故障など問題が出る場合いもありますから。

●いったん水垢がハンドピース、また軸に入ったら、ハンドピースの回転速度を下げるから、その寿命を短縮することになる。そのために、蒸留水を使用する必要がある。

●緊急な時、蒸留水を購入することは困難である。現在この蒸留水器を提供するなら、安心な水は自分で作れ!

 

 この製品については、一年の保証がありまして、一年以内に故障した場合は無料修理を差し上げます。そしてもし初期不良の場合は、無料で新品交換を行います。もちろん初期不良の場合は今まで一度もございません。ご安心できる製品と思います。ご興味がある方はHPへお越しください。

 

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp