製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯科ハンドピースの発展歴史

歯科ハンドピースの発展歴史

 現在の歯科病院でも、ハンドピースの跡が見つかれます。もちろんなことですね、今の歯科病院では、ハンドピースが欠かせません。でも、ハンドピースの歴史については知っていますか。ずっと昔からハンドピースがない場合は、どうして歯科治療を行ったのでしょうか。今日は、歯科ハンドピースの発展と歴史について少しお話します。

 

 十七世紀以前は、ハンドピースという歯科器具がありませんでした。もちろん、この時期の人間も、口腔に関する関心はあまりありません。このごろは、自分の衣食などが解決できればどれほど幸せなのか、現在の私たちにはわかりにくいです。

 

 十七世紀から、だんだん、口腔への関心を持っているカメもちが出出てきて、歯科治療とともに、ハンドピースという歯科器具が初めて道場しました。最初では、どのような器具で治療するのははっきりわかりませんが、十八世紀からは歯科用ドリルといったような器具が発明されました。十九世紀に入ると、足踏みのドリルが出てきました。現在でも、リモートな村では、このような伝統的な器具が使用されているようです。でも、都市では、もう排除されて、今のハイテックのハンドピースに変りました。

 

 現在の歯科設備ときたら、ハンドピースだけではなく、超音波スケーラー、アングルやストレート、そしてホワイトニング機器などがそろっています。高速ハンドピースの歴史は上世紀50年代に遡れます。色々改善により、現在のハンドピースは30万rpmに達しられます。

 

 二十世紀二十年代、診療ユニットの輸入により、歯科設備の活躍を一層高くさせます。ハンドピースが使用中突然に中止された場合は、患者の唾液や血液などがハンドピースの内部に逆流する可能性が高いので、歯科ハンドピースの滅菌や消毒などは今の歯科業界では結構話題になっています。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp