製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯科ハンドピースの消毒と交差感染予防について

歯科ハンドピースの消毒と交差感染予防について

 現在の歯科分野では、タービンまたの名はハンドピースのことは欠かせない重要な存在で、歯科治療を支えていることは誰でも知っていますが。もちろん、歯科治療を受けたことのない方にとっては、ハンドピースはどのような器具か詳しく知らないと思います。最近、歯科分野の事故もいろいろ話題になりました。話題というと、治療により、感染したことということを指しています。では、今日は、ハンドピースの消毒と感染予防について少しお話しましょう。

 

 高速ハンドピースの消毒や交差感染については、以下の感染アプローチがあります。

 

 1、ハンドピースが口腔内で、治療を行うときに、直接に唾液や血液、そして粘膜などを接触することになっています。それは誰でも回避できません。治療中では、ハンドピースの振動により、唾液や血液などがハンドピースの内部に浸透することも避けられません。その感染アプローチはよく見られます。

 

 2、ハンドピースがカッティング中、いろいろ粉のものが生じられます。この粉のようなものを空気に入ることにより、汚染や感染などを起こります。

 

 3、ハンドピースが回転から停止する瞬間、マイナス圧力を生じて、口腔内の病原微生物をハンドピースの内部に入らせていきます。そして、ハンドピースを通して、ユニットやホースなどに入り、それらの設備に汚染を与えます。或いは、時間の経過とともに、ユニットやホースなどが長い時間を掃除しておかないと、病原微生物などがたまりにして、汚染や感染などを起こります。

 

 交差感染を予防するためには、現在国際的にはいろいろルールを出しました。このルールを守るにも、歯科病院やクリニックなどはいろいろ工夫しました。これからの努力も期待しましょう。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp