製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > ハンドピースの使用注意点

ハンドピースの使用注意点

 

 現在歯科分野への注目が高くなっていくこととともに、歯科器具の需要も多くなりました。いろいろの使用経験により、歯科器具の寿命を長くさせるには、やはりメンテナンスではないでしょうか。歯科器具分野では、歯科ハンドピースをはじめ、いろいろ人の目に入りました。では、使用中どのようなことをご注意すべきですか。一緒にみましょう。

 

 1.ハンドピースを使用前には、給水ホールをチェックしてください。給水ホールが老化になっているか、水漏れしているか、ホール内には異物などがあるかご確認ください。

 

 2.間プレッサーから出てくるエアーがきれいかどうか確認しておきましょう。エアーの中には、オイルや水などをあってはいけません。

 

 3.ユニットの圧力表が正常かどうかご確認ください。

 

 4.違うハンドピースにより、ユニットに圧力を調整してください。適応な圧力は、ハンドピースの説明書に記入されていますので、ご参考ください。適応な圧力でない場合は、ハンドピースを壊しますので、ご注意ください。

 

 5.毎日少なくとも二回ほど、ハンドピースに注油を行いましょう。そして、適応な注油口を用意しておきましょう。

 

 6.滅菌する前には、必ず注油を行いましょう。注油により、ハンドピース内部の異物や汚れなどを除去できますので、注油を無視できません。 

 

 7.ハンドピースを絶対に酸性の洗剤に沈んではいけません。

 

 8.ハンドピースの効能や、回転速度そしてハンドピースの仕様により、バーへの需要が違います。ですから、ハンドピースに適応なバーを選ぶことが大事です。バーの方も、摩損したバー、錆が吐いているバーなどをやめましょう。

 

 9.ハンドピースをバーがないまま空回しにさせないでください。

 

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp