製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯科ハンドピースの滅菌に関する話

歯科ハンドピースの滅菌に関する話

 歯科ハンドピースは、現在歯科分野では、欠かせない重要な歯科器具の一つといっても過言ではありません。でも、現在多くの調査では、歯科ハンドピースは、異なる患者様と接触して、血液や唾液、そして粘膜などの接触により、交差感染のメディアとなります。そして、歯科ハンドピースの内部構造が精密で、そして密封性がよくて、唾液などがハンドピースの中に入ると、なかなか掃除できず、細菌の繁殖にはよい場所を作ってあげます。そういうことにより、交差感染を起こりやすくさせます。

 

 では、どうすると、交差感染を避けることができますか。答は滅菌です。歯科ハンドピースにとっては、滅菌が欠かせません。滅菌は、交差感染を回避だけではありません。滅菌により、歯科ハンドピースの寿命を長くさせられます。早速ですが、ハンドピースの滅菌に関する注意事項をお伝えしましょう。

 

 現在の歯科分野の発達につれて、歯科分野の衛生にも、高い要求の声が出てきました。大衆の声を応えるように、政府や衛生組織からもいろいろ政策を登場させました。歯科治療の過程中、歯科設備や歯科機器により交差感染などの予防やコントロールなどが基本的なルールです。このルールを実現するには、一人の患者に、一本のハンドピースを使うことがオすすまれてます。

 

 歯科ハンドピースのメンテナンスについては、まずは定期的にユニットに水を挙げておいてください。そして、ホース内部を塞ぎのないように、定期的に水で流してホースを掃除してください。そして、歯科ハンドピースを毎度使ったら、滅菌器で滅菌が欠かせません。

 

 現在、アメリカの多くの州では、歯科ハンドピースを必ず滅菌するが法律から定められています。中国では、それにかんするいろいろ政策も登場しましたが、徹底的に実現するにはまだまだ時間がかかりそうです。なぜかというと、コストが高いし、そして交差感染への覚悟があまりないので、ハンドピースの滅菌も無視している有様です。


 なんといっても、歯科ハンドピースの滅菌が欠かせずに無視できません。ハンドピースの滅菌により、歯科分野のより一層発達に貢献できると思います。

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp