製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯科ハンドピースの豆知識

歯科ハンドピースの豆知識

 現在歯科分野によく話題になります。歯科分野ではハンドピースの方はどうしても欠かせない重要な存在といっても過言ではありません。ハンドピースの殺菌効果を確実にするために、オートクレーブ滅菌オーブンは、常に良好な作動状態を維持する必要があります。また、常にのタイトな閉鎖状態、そして色の表示または、包装ポケット変更するかどうかだけでなく、バイオアッセイ週間実施するかどうかを確認する必要があります。

 

 ハンドピースは熱源から離れると、そsの内部のコンポーネントは、より簡単に変性すすことが回避できます。オートクレーブの下は炉熱源なので、滅菌されるハンドピースの滅菌紙バッグは、底に置くことではなく、できるだけ熱源から離れて、上の方において滅菌を行ってください。

 

 ほとんどの滅菌機の最後では、高温で乾燥するとつ流れがありますが、もしこの一環で異常が起こる場合は、早めに回復してください。

 

 ハンドピースは正常に動作を保証するためには、適切なバーを選択する必要があります。バルクとロングバーは慎重に使用する必要があり、非常にボールに負荷が増加しますので、ぜひご注意ください。バーが小さすぎると、すべりやすくなり、大きすぎると、固定できなくなったりすることが起こりますので、ご注意ください。

 

 一般的にチェアに調整した気圧のことは、ハンドピースまで経ると1.0psiぐらい減少することがわかります。ですから、チェアの気圧を確認する時には、1.0psiぐらいの誤差を入れて確認をお願い致します。

 

 現在では、ライト付きのハンドピースが好きになる歯医者さんがより多くなっていました。ライト付きのハンドピースは、ライトなしのハンドピースの価額より、20%~40%高いです。ライト付きのハンドピースの照射強度は、使用時間によりだんだん弱くなることが正常です。ですから、使用時間により、適当にライトを交換する必要があります。

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp