製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯科ハンドピースを使用中注意すべきこと

歯科ハンドピースを使用中注意すべきこと

 誰でも知っているはずですが、歯科治療では、ハンドピースが欠かせません。ハンドピースを聞いたことがあるはずですが、もちろん聞いたことない方もあると思います。歯科ハンドピースは、現在歯科分野では、どうしても欠かせない重要な存在で、歯科治療の発展にいろいろ貢献をあげました。でも、専門者が使用しているところ中も、いろいろ異常が起こりました。今日は、歯科ハンドピースを使用中注意すべきことについて少しお話したいと思います。

 

 注意すべきこと:

 1、毎度使用後、ハンドピース内部に逆流したダストなどを除去することを確保してください。そうしないと、長い時間の溜まりで、ベアリングを壊しやすいです。

 

 2、修理したばかりのハンドピースの場合は、使用前にまず裏蓋を開けて、ベアリングをおろして、修理後のダストを除去するように注油してください。

 

 

 ハンドピースが異常する場合のチェック法:

 1、ベアリングのことをチェックする。ベアリングの方は、特にメンテナンス不足で、ダストなどの溜まりによりベアリングを塞いで、そして異常を起こります。その場合は、ベアリングの交換がお勧めします。

 

 2、ハンドピースをチェックする時には、ベアリングが黒くなることがきづいた場合は、滅菌温度やダストの溜まりなどが原因になります。その時は、まずベアリングを交換します。それから、滅菌器の温度を確認しておいて、必要な時に専門者に温度の調整などを頼んでもらいましょう。

 

  1)、ベアリングのことは、一回だけ修理などができます。もし修理したベアリングが二度と異常する場合は、新なベアリングを交換してください。再三修理することはお勧めしません。

 

  2)、Oリングのことも無視できません。定期的にOリングの密封性をチェックしおいてください。

 

  3)、できるだけ摩損したバーを使わないでください。

 3、バーが固定できない場合。この場合は、一般的にはベアリングを交換すると、解決できるはずですが、解決できない場合は直ちに弊社と連絡をください。

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp