製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > ちゃんと歯磨きしないと肺炎にかかる可能性がある?

ちゃんと歯磨きしないと肺炎にかかる可能性がある?

 

 

 最近、そういう噂を耳にしました。ちゃんと歯磨きをしないと、肺炎にかかる可能性があるという噂です。初めて耳しましたが、びっくりしました。それは本当なのか、ただの噂なのか、一応専門者のところに行って確認しに行ってきました。今日はその噂について少し検討しましょう。

 

 実は、ちゃんと歯磨きをしておかないと、確かに肺炎にかかるリスクがあります。特に年よりの方です。現在の社会では、年よりのほうは、糖尿病や高圧病などに気にしていますが、口腔問題をほとんど無視している有様だと思います。色々研究により、多くの疾患は口腔疾患からかかるとされています。そして、口腔健康により、30%の肺炎を減少できるという結果も出ていきました。

 

 ある新聞によると、台湾のある方は、平日が結構丈夫で、風なんかも引いたことが少ないですが、突然に胸に圧迫感があり、咳が止まれないから、家族に病院に連れられました。検診の結果、誤嚥性肺炎とされます。では、病原はなんでしょうか。医者の詳しくわかりません。色々診査の挙句、プラークのせいだと明白しました。家族に聞いたら、患者がちゃんと口腔ケアしていないことからも確認できました。

 

 年よりの方は、日常の口腔ケアが無視できません。食後の歯磨き、そして適当な手入れにより、30~50%の肺炎を回避できます。なぜかというと、口腔内のケアをちゃんとしておかないと、口腔内に細菌を繁殖して、そして繁殖した細菌は食事や、誤嚥の時に肺にはいります。そして、年よりのほうは、咳に反射する能力が低下で、細菌は肺に48~72時間を貯まったら、肺に多大な障害を与えます。そういうことにより、肺炎や肺水などにかかるリスクが高くなります。

 

 他の年齢層と比べて、年寄の方が口腔ケアをもっと大事すべきだと薦められました。原因ときたら、年寄の方は元々糖尿病などにかかっていて、もし口腔ケアを注意しないと、ほかの疾患にかかり、体を壊すのです。日本のある研究によりますと、歯肉炎から生じた細菌はもし腹に入ったとしたら、急性心筋梗塞になるリスクがあります。

 

 色々の研究により、だれでもあろうと、口腔ケアを無視できません。平日なケアを大事にしておくこそ、歯科機器などの治療を回避できます。他の疾患も回避できます。

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp