製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 口腔ケアに関する話

口腔ケアに関する話

 

 口腔ケアを言ったら、個人ケア、病院でのケア、そして社会ケアといったような三つの口腔ケアがあります。口腔ケアに属するスケーリングということは、日常の歯磨きが取れない歯垢などを除去する歯科方式のこととなります。歯垢や歯石などは、歯肉炎にかかるもっとも根本的な原因なので、定期的に歯科病院で歯垢などを除去することが欠かせません。

 

 個人ケアときたら、まず頭に浮かべるのは歯磨きのことではないでしょうか。それはすですね。日常のケアでは、歯磨きのほか、常用な方法がなさそうですね。では、歯磨きのときには、ご注意点はなんでしょうか。歯磨きのときには、歯ブラシと歯の角度は45°でよろしいです。したの歯はしたから上までという順番で、上の歯は上から下までという順番で、繰り返して磨いていきましょう。

 

 現在流行ている電動歯ブラシの方はどうでしょうか。普通の歯磨きより、電動ブラシの方は38%のプラークを除去できます。そして、普通の歯ブラシは、歯垢などが除去できないことに対し、電動ブラシはある程度で、歯垢などを破壊、そして除去することができます。そして、電動ブラシの振動により、歯茎などにマッサージをあげて、口腔内の血液循環をよくさせて、歯茎を守ることができます。

 

 日常ケアにまた重要なのは練り歯磨きのことではないでしょうか。一般的にフッ素を含める練り歯磨きのことは、虫歯などの予防ができますが、子供の方は歯磨きの時にもし練り歯磨きを食べてしまったら、中毒になる可能性が高いので、特に注意すべきですね。

 

 歯磨きの時間は、朝より夜に歯磨きをすることがお勧めします。夜、口腔内に唾液を生じる能力が減少してしまい、歯への保護も弱くなります。ですから、夜に歯磨きすると、細菌などの溜まりを減少して、口腔疾患を予防できます。

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp