製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯科高速ハンドピースの滅菌とメンテナンスについての話

歯科高速ハンドピースの滅菌とメンテナンスについての話

 

  現在の歯科病院では、ほとんどの歯科ユニットの高速タービン、ガスタービンを広く使われていますが、ハンドピースの特殊性については、ユーザーがより詳しく理解するからこそ、ハンドピースの性能を十分に発揮できます今日は、歯科高速ハンドピースの滅菌とメンテナンスについて少しお話したいと思います。

 

 1.ハンドピースにふさわしいバーの硬度は、必ずダイヤモンドや硬質合金と相当な高度でなければ、使えません。国際標準のバーの直径は1.6㎜で、一般的なハンドピースには適応です。もちろん、ある社の特別生産のハンドピースは特別なバーが必要です。バーを使用する時には、バーの艶や摩損があるかなしかご確認ください。

 

 2.ハンドピースの速度がすばやくて、仕様前にちゃんと治療方針を出すべきです。ハンドピースを回転させながらまた治療の流れを考えることは禁止です。

 

 3.ハンドピースを治療中で、研磨やハンドピースのスプレーが稼働中、視線をブロックされる可能性が高いので、治療中は、適応な照明器具を用意してください。照明器具の照明度は、5000LXでお勧めします。

 

 4.毎日の清掃と潤滑がハンドピースの寿命を延長するための重要な尺度とされます。使用後ますはヘッドのところに小さな柔らかいブラシで汚れ面を掃除してください。それから、エアーを数秒オーペンして、ハンドピース内部のよごれを一部除去しておきます。毎度使用後、専用な洗剤をハンドピースを洗浄し、毎度使用前には、注油したら使用しましょう。治療開始前、二三秒ハンドピースを回転させて、オイルをハンドピースの奥まで沁みらせます。

 

 歯科ハンドピースについては滅菌と消毒あ歯欠かせません重要な一環として、今ほとんどの歯科病院に実用しています。滅菌や消毒により、患者様の交差感染を回避だけではありません。ハンドピースの寿命も長くさせられます。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp