製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 根管測定器の異常原因

根管測定器の異常原因

 

 歯科機械の発達につれて、口腔治療に関する機器などが多く登場してます。現在の口腔治療に関する治療機器の中では、ハンドピースという器具、ホワイトニング機という機器、または、治療に関する根管測定器などが欠かせません。今日は、根管測定器の異常について、少しお話したいともいます。

 

 根管測定器の異常原因については、一般的に三つの原因があります。回路ショート、機械が壊れる、オープン回路といったような三つの原因があります。

 

 メタルクラウンとコーピングは、歯肉にほとんど接触して、口腔粘膜と接触してアクセスになります。そして、チップとフォックは回路ショートになります。我々は知っているように、治療中には、クラウンといったような金属との接触を避けるべきです。しかし、場合磁器や金属フル歯冠修復数の根尖周囲疾患が穴開いた時に、に暴露された金属に針で接触して、、オープンパルプの後に発生することは一部の医師は気づかないかもしれません。

 

 またの原因ですが、歯髄内には十分乾燥させないうちに、根管治療を行えば、となりの根管と回路になります。

 

 最も一般的な状況であるルースケーブルが緩くなるということは最も一般的な状況です。もしケーブルが緩んであれば、動作開始時に、見つけやすいトーンまたはプロンプトライトた光ったり、ヒビキが出たりすることが起こります。しかし、運転中に、よく根管機器を左右に移動するので、各インターフェイスが緩んでいる可能性があります。ですから位置、姿勢や針のファイルを変更する必要があります。

 

 根管測定器に関する異常は、回路の異常がよく判明できますが、異常が出る場合は、自分で解決しないようにご注意ください。異常が出る場合は、専門修理屋さんやメーカーに修理を頼みましょう。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp