製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯科用ポータブル診療ユニットについての話

歯科用ポータブル診療ユニットについての話

 

 現在、どのしあ病院でも、ユニットのことが欠かせない重要な存在で、愛用されているはずです。それだけではなく、ポータブル式のユニットも多くの歯科病院で使われています。今日は、歯科用診療ユニットについて少しお話したいと思います。

 

 歯科用診療ユニットは、すでに80年以上の歴史がありました。ユニットは簡易な歯科治療設備を基にして=口腔総合治療機能を加える歯科設備のことです。ユニットは主にシート、ハンドピース、衛生及び給水設備、コンソール、ライト、機械盤、ガンなどの歯科治療中常用まな設備方なっています。オプション装備は光重合機、スケーラー、チェア、、各種モジュール、口腔顕微鏡やマルチメディア設備など空なっています。

 

 現在の歯科治療では、ハンドピース、超音波スケーラー、光重合器などが欠かせない重要の必要設備となります。

 

 または、口腔のデジタル化設備は主に口腔内視鏡、X線センサ、牙片X線機、歯科曲面断層パノラマX線機などからなっています。全ての装備少なくとも500万円が必要です。、中小型歯科病院や診療所にとっては、コストが高いですね。ブランドがドイツVISTA、OPMI、イタリア「プーマ」、日本森田やヨシダなどが含めます。比較的によく使われる口腔計算ソフトシステムは「口腔保健医療メディアコンサルティングシステム」、「歯科クリニック管理システム」、「非接触型牙合模型三次元レーザー測定分析」、「3次元データ颅面レーザー計測システム」などがあります。これらのコンピュータのソフトウェアの運用は、有力に高まった口腔総合診療の速度と正確度有力に高まります。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp