製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > ハンドピースのチップについての話

ハンドピースのチップについての話

 歯科分野の盛んにより、歯科器具などの需要が日々高くなっていきます。歯科機器の需要により、それに関する異常も多く出てきます。どんなメーカーの製品でも、どの国の製品でも、異常なない製品はありません。歯科器具や機器等の日常メンテナンスにより、一部の異常を避けられます。今日は、歯科タービンについての話ですが、歯科タービンを使うときにチップの方に何かご注意事があるのでしょうか。一緒に見てみましょう。

 

 言うまでもなく、チップの方は、質の悪い製品を使わないでください。現在国際基準のチップのサイズは、1.60mm~1.59mmで、からなず、ハンドピースに適応なチップを使用してください。質の悪いチップは、光沢や、滑らかさ、そしてサイズ等も差がありますので、ご注意ください。質の良い製品は値段が高いけれども、ハンドピースとしっかり接続ができて、ハンドピースを摩損などが小さいです。それよりどれが増しですか。自分がしっかり考えてください。

 

 チップについては、また注意すべくことですが、頻繁的にチップを交換してください。チップが摩損になりますと、ハンドピースの軸やヘッド内部に障害を与えます。そして、チップの摩損により、チップが変形になって、ベアリングなどを壊します。

 

 また、チップを付ける時に、説明書に厳格に従ってください。もしバーが入れなくなったり、抜いたりすることがあるときに、使用を禁止してください。直ちにメーカーなどと連絡して、勝手に分解などをおすすめしません。

 

 弊社のハンドピースは、全部国際基準な製品で、チップも国際基準のと接続できます。ハンドピースやチップなどに質問がある場合は、お問い合わせセンターをご利用ください。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp