製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯をダメージする習慣、ありますか

歯をダメージする習慣、ありますか

 健康で丈夫な歯は、だれでもほしいことですが、実は、日常生活では、歯をダメージする習慣がおおいですね。今日は、日常の生活では、歯をダメージする習慣について検討していきましょう。

 

 1.大口でリンゴを噛む

 専門家の話によりますと、日常生活では、リンゴやキャロットといったような脆性の高い食べ物を直接に口で噛むことを避けるべきです。食べるときには、できるだけ、小さな塊を切ったらまた食べるまた食べる方がお勧めします。

 

 2.麺類などを食べたら歯磨きしないこと

 麺類を食べると、口腔内に急激に酸性を上げて、エナメル質を腐食します。

 

 3.歯で包装を引き裂く

 便利のため歯で包装を引き裂くがたくさんいると思います。でも、その行為では、歯をシフトしたり、破壊したりすることがあります。それだけではなく、包装に付属する細菌なども口腔内に入り、ほかの口腔疾患になります。

 

 4.酸っぱいなものが好き

 柑橘類は、多量な酸性物質やタイムリーが多く含まれて、歯の健康に有害です。酢も虫歯が発生する可能性があります。調査が見つけ、子供たちがあまりにも酸っぱいなものを食べると、、エナメル質を腐するリスクが30%-85%増加することとされました。歯に害を減らすことができ、より酸っぱいなものを食べるのです。

 

 5.よくガムをかむ

 

 以上のような習慣がありますか。ないですか。もしあるなら早速改正してください。いろいろ生活習慣により、歯をダメージしますので、是非注意してください。もし、超音波スケーラーといったような歯科機器に関心を持っている方はHPへお越しください。

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp