製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 慢性口腔炎症の妊婦は早産のリスクが高い

慢性口腔炎症の妊婦は早産のリスクが高い

 現在の口腔への注目が高くなる一方で、口腔の問題に対する対策もいろいろ出てきます。そして、現在の食生活が豊になるにつれて、口腔内の問題も多種多様になっていきます。現在よく見られた口腔問題は、虫歯や歯周病などに限られません。いろいろな炎症なども発見されました。人間は誰でも口腔問題をできるだけ避けてほしいです。特に、妊婦です。

 

 妊婦は、普通の人間より、炎症などを感染しやすいし、薬なども限定があります。近年の調査によりますと、口腔炎症に感染した妊婦は、早産のリスクが高そうです。調査は63名赤ちゃんの母親を巡って行いました。この中では、33名の赤ちゃんは、早産で生まれて、30名は正常に生まれたのです。

 

 調査を行っているときには、63名の母親は、全部Ⅹ線照射装置で、口腔内状況を検診しておきました。早産の33名の中では、54.5%の母親は慢性根管炎症をかかっていることが判明できました。それにたいして、正常に出産の母親は、20%は慢性炎症をかかっています。

 

 その調査の結果を巡って、もし逆に言いますと、慢性炎症をかかった女性は妊娠して赤ちゃんを産むこととしたら、早産のリスクは正常のニ妊婦より五倍高いです。でも、その調査でもリミットがあり、百パーセント確実できません。ただし、調査の結果のトレントにより、この可能性も避けられません。

 

 その結果だけでは、妊婦の方は特に口腔問題を予防するほうがお勧めします。

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp