製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 赤ちゃんのために、母は歯周病に対しる対策

赤ちゃんのために、母は歯周病に対しる対策

 現在歯周病にかかる人間は80%以上とされますが、だれでも歯周病にかかるリスクがあります。現在の研究では、虫歯と歯周病は、歯を喪失するもっとも根本的な原因となります。特に、妊婦のことです。

 

 昔から妊娠や出産をすると歯が悪くなるということが言われています。妊娠中に見られるお口の中の問題としては、歯ぐきに腫れや出血が見られたり、唾液が粘っこくなったりします。これは妊娠により女性ホルモンが急激に増加することが原因で歯周病性細菌が増殖し易くなる事が原因と考えられています。つわりなどで歯を磨くこともできなくなってしまう方もいます。

 

 食事の回数が増えて歯垢の溜るリスクが増えることも原因の1つになります。しかし適切なケアを行っていれば大きな問題が起こることはほとんどありませんので心配する必要はありません。

 

 妊婦さんが歯周病に罹っていると早産になるというお話を聞いたことがありますか?実は妊婦さんに進行した歯周病があると、低体重児出産や早産のリスクを高めてしまう事が報告されています。歯周病の患者さんの早期低体重児出産の危険率は7倍にもなると言われていて、タバコやアルコール、高齢出産などよりも高い数字となっているのです。(歯科用具)

 

 妊婦の方は、ホルモンの急激で、虫歯や歯周病など関する炎症の発症が頻繁になります。妊娠は、特別な時期で、薬や治療などは遠慮するほうがいいと思います。自分のためではなく、大事な赤ちゃんのことを考えましょう。ですから、妊娠する前に、できるだけ虫歯や歯周病などを治したらまた妊娠しましょう。そうすると、自分には赤ちゃんにも最高の妊娠状況を作られます。

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp