製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > ハンドピースは歯科分野での用途

ハンドピースは歯科分野での用途

 ただのハンドピースというと、どういうものかよく分かっていないですようね。歯科ハンドピースときたら、「あぁ、そういうものか」という人が多いと思います。現在歯科分野への注目が多くなっているとともに、歯科器具や歯科機器の需要も多くなっていきます。

 

 今広く使われている歯科器具ときたら、ハンドピースを始め、エアースケーラーや、鉗子や、鋏などが色々あります。歯科機器のほうは、ホワイトニングを始め、超音波スケーラー、根管測定器、滅菌器、クリーナーなどが色々登場しました。これらの機器や器具などが登場下からこそ、歯科分野の治療や検診などを安くさせます。今日は、歯科器具の中の最も大切なハンドピースについて少しお話しましょう。

 

 歯科ハンドピースは、口腔内の治療、骨などの研磨、そして虫歯などの補充などにとって主な歯科器具の一つとされます。ハンドピースときたら、高速ハンドピースと低速ハンドピースに分けられます。低速ハンドピースのほうはストレートとアングルといったような二つに分けられます。高速ハンドピースの方が、主体の高速回転により、各種のバーを協力で、研磨やカッティングなど実現します。低速ハンドピースのほうは、普通の口腔治療などに用いられます。

 

 歯科ハンドピースは歯科分野にとっては欠かせない重要な存在で広く愛用されています。ハンドピースの出世は、歯科分野の効率を上げるだけではなく、色々コストを下げるし、患者さまにとっても、治療を楽にさせます。ですから、現在の歯科病院では、ハンドピースはとても大事な器具とされます。

 

 歯科ハンドピースの中尉事項について最も重要なのは使用後のメンテナンスです。ハンドピースのメンテナンスにより交差感染を予防できるだけではなく、ハンドピースの寿命も長くさせられます。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp