製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 口腔情報から見る健康信号

口腔情報から見る健康信号

 

 現在の経済の発展とともに、口腔への関心も日々多くなっていきます。日常の生活からの、口腔健康を表すいくつかの兆しがあります。それはなんでしょうか、知っていますか。現在の調査データーにより、現在国民の口腔が健康にする方は1%さえ達していません。口腔内疾患の発病率は60%~80%まで達していることが分かりました。このデーターの結果、日々のケア不足のおかげではないでしょうか。口腔が異常がある場合は、一般的にすこし信号などを発散して、主人に伝えようとしていますが、この信号をよくわかっているでしょうか。(歯科機器

 

 信号1:突然に歯が痛くなる

 何かを食べるときに突然に歯痛が起こる場合は、虫歯にかかるリスクが高いです。口腔内では、ある特殊な物質があり、食物中の糖を酸に転換して、虫歯を行います。歯の上には、だんだん小さな穴が出てきて、日々多く集まっていくと、穴が大きくなり、虫歯が進行してしまいます。

 

 信号2:歯痛は一週間ほど耐える

 長い時間歯痛がすると、夜間歯ぎしりが判明できます。夜間に歯ぎしりをすると、顎にも障害を与えます。

 

 信号3:歯が変色する

 歯が黄色くなったり、黒くなったりというような変色により、口腔の美観を影響しますね。歯の変色は一般的に疾患の影響ではありません。ほとんどお茶やお酒、そしてコーヒーなどを飲んだ結果で、変色になります。その対策も、明白ですね。よくケアをすることです。

 

 信号4:歯がゆらゆらする

 歯が揺れるようになった場合は、歯磨きの方法が間違った可能性が高いです。歯周病の続発症とされます。口腔ケアの不足により、歯周病にかかり、歯が揺れるようになります。ですから、日常のケアでは、ただの歯磨きをしてはいけません。でん取るフロスといったような歯科用品を合弁してケアをしてください。また定期的な専門クリーニングも欠かせません。

 

 信号5:歯茎に出血や腫れが起こる

 それは行けません。歯茎に出血や腫れが起こる場合は、歯肉炎にかかったリスクが高いです。その際には、そのまま放置してはいけません。早速の検診がおすすめします。

 

 以上の五つのほかにも、口腔から色々信号を発散しますね。口腔の少しだけの信号でも、口腔の健康と関わっていますので、無視しないでください。

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp