製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯科材料の分類

歯科材料の分類

 

 歯科材料ときたら、現在は色々登場しました。シアk材料の分類については、分類基準により種類が異ないます。今日は、歯科材料の用途によって、分類について少し紹介したいと思います。

 

 1.フィリング材料

 フィリング材料というと、よく虫歯を修復するに良く使われています。フィイング材料は一時的な材料と永久的な材料に分けられます。一時的な材料は一般的に数ヶ月耐えられます。主に酸化亜鉛ユージノールセメントや亜鉛セメントなどからなっています。永久的な材料は、数十年が耐えられて、アマルガムや複合樹脂などから成っています。

 

 2.インプレッション材料

 インプレッション材料は、口腔軟組織や、歯のアナトミーをコピーするに広く使われています。主な原料はアルギン酸、合成ゴム状弾性材料及び印象材などがあります。

 

 3.モデル材料

 モデル材料は、主に口腔組織を制作ために使う材料のひとつです。主な原料は人造石、石膏、熔点の低い合金、そしてモデルワックスなどがあります。

 

 4.義歯材料

 歯を修復するときに良く使う歯科材料です。歯を回復するときに、よく義歯、リテーナ、冠、インレイなどを作ります。主な原料は金属、セラミクス、合成樹脂などがあります。

 

 5.接着材料

 接着材料というと、口腔な組織と外来材料の粘着用に使います。例えば、充填材の粘着、矯正器具などの粘着などがります。主な原料は、セメントや合成ポリマー材料などがあります。

 

 6.インプラント材料

 インプラント材料は文字通り、インプラント用に使います。インプラントになった原料は、口腔内本来の組織のかわりに、ちゃんと正常に稼働できます。主な材料はチタンや、ステンレス鋼、コバルト - クロム合金、アクリル樹脂、バイオセラミックスなどがあります。

 

 7.歯科予防材

 歯科予防材は主に、虫歯や歯周病、そして他の歯科疾患の予防のため使う歯科材料です。主に、フッ化物ジェル、オーラルプロテクターや顎顔面補修材などがあります。

 

 歯科材料の用途面における分類は大体以上の七つに分けられます。ご参考のほど、ご意見も聞かせてください。

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp