製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 超音波スケーラーの使い方

超音波スケーラーの使い方

 

 現在社会では、口腔疾患の発症率が年々高くなっていきます。それにより、人間が口腔に抱いた関心も高くなっています。歯周病は、現在世界どの国でも、発症率の高い口腔疾患の一つです。歯周病を予防するには、歯のクリニングが欠かせません。では、簡単に歯のクリニングと言っていますが、毎日の歯磨きだけではすみますか。もちろん、ま足りません。歯をクリニングをするには、超音波スケーラーといったような歯科機器が必要です。

 

 超音波スケーラーの作用原理はエネルギーを高周波機械的エネルギーに転換して、チップを稼働させて、歯垢などを除去されるようになります。超音波スケーラーは主に、超音発生器と転換器からなっています。チップの振動周波数は大体25kHz~32kHに限定されて、歯垢などを除去には最適な振動周波数とされます。超音波スケーラーは稼働しているところに、チップを回転させるには、色々熱を生じます。患者さまの口腔内粘膜を傷付けないように冷却システムが欠かせません。そして、除去された歯垢や歯石などを洗浄するため、給水システムもセットしています。

 

 超音波スケーラーのメンテナンスについては、本体、変圧器などがアルコール洗剤や中性洗剤で拭くことができます。ハンドピースの方は高温高圧で消毒できます。そしてチップの方は下ろして滅菌などをができます。

 

 機器を使用中もし、わけがなく振動が弱くなった場合は、チップが緩くなる可能性が高いので、治療を一時中止して、チップを確認ください。そして、チップの形や、光沢、そして滑らかさなどが高水準にされていますので、勝手に改善しないように注意してください。製品に何か異常が起こる場合は、勝手に本体を開けることをせずに、直ちにメーカーやサプライヤーとご連絡下さい。もし、自分が解体したら保証になれませんので、ご注意ください。以上よろしくお願いいたします。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp