製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > ハンドピースの消毒にある問題

ハンドピースの消毒にある問題

 歯科ハンドピースは、言うまでもなく、歯科分野では欠かせない重要な存在とされます。ハンドピースの使用頻度により、患者の口腔内の粘膜や唾液及び血液などに直接に接触することにより、感染中次になり、肝炎やエイズといったような感染病などをかかります。また、毎度の治療後、メンテナンスなどをしておかないと、血液や唾液などが乾いたらハンドピースの内部パーツを塞いて、ハンドピースを壊します。それでは、今日は、ハンドピースの消毒にある問題などについて少し検討しましょう。

 

 歯科ハンドピースによる交差感染は大体以下のように挙げられます。

1.治療中患者の唾液と血液との接触により、ハンドピースの内部にはいり、器具内部に起こる内部汚染。

2.高速ハンドピースが高速回転で、微生物病原などを空気内ににもたらして空気汚染になる。

3.ハンドピースが高速回転から停止する瞬間に生じるマイナスプレッシャにより、口腔内の微生物病原をハンドピースの内部に逆流させて、そしてカップリングなどを通してユニットなどにもどり、水道汚染になる。

 

 歯科器具などにより交差感染を予防する対策:

1.ハンドピースを使用後、徹底的な消毒と滅菌を行う。

2.定期的にユニットの水やホールなどを水で流して洗浄する。

3.条件が許せば、使い捨てのハンドピースを使う。

 

 ある新聞により、口腔治療から肝炎をかかる患者がいました。もし、歯科器具を治療後、ちゃんと滅菌や消毒しないと、また次の患者に用いられて、感染させるリスクが高いとは言うまでもありません。ハンドピ-スのメンテナンスによりただ、交差感染を予防できるだけではなく、ハンドピースの寿命を長くさせることもできます。

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp