製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 根管治療についてはどのくらいしっていますか

根管治療についてはどのくらいしっていますか

 

 現在口腔への関心が高くなる一方で、歯科分野の別々の治療に関して興味を持っている方も多くなっていきます。歯科分野の治療というと、根幹治療が患者の口腔を守るために、欠かせない重要な歯科治療の一つの治療方式です。では、根管治療についてはどのくらい知っているでしょうか。今日は、根管治療について少し検討しましょう。

 

 根管治療ってなんの治療ですか?

 根管治療、またの名は歯髄治療、今の技術では、歯髄病や歯根尖端病にとって最も効果的な治療法とされます。根管治療を通して、壊死した歯髄を除去し、適当な消毒した後、根管をフィリングして、歯髄病や歯根尖端病などの進行を避けられます。

 

 どの病は根管治療が必要ですか?

 一般的には、歯髄炎、歯根尖端病、虫歯などにより歯髄が壊死して、そして修復できない場合は、根管治療を行います。

 

 治療に関しては、時間のほうはどのくらいかかりますか?

 一般的に、2~4回の受診が必要です。合わせて2~3週間です。

 

 なぜ神経なで殺しますか?

 口腔歯髄は修復できないダメージを受けた後、もし歯髄にある神経はまだ活力がある場合は、治療中に患者様が痛みを感じられます。患者様を苦しがせないように、そして歯髄の感染を再びさせないように神経まで除去することになっています。

 

 なぜ治療のため何枚もレントゲン照射機で撮影が必要ですか?

 根管治療の時には、レントゲン撮影が欠かせません。そして、少なくとも三枚ほどが必要です。一枚目は、治療前に撮るもので、歯茎や口腔内の基本情報等を確認します。二枚目は、治療最中の情報を確認する用です。例えば根管治療器具などの準備ができるかどうか、フィリング用品の準備が完成かどうかなど。三枚目は治療後の確認用です。治療が完了後、医者が根管治療が完璧にできたどうかなどを確認するため、レントゲン撮影が必要です。もし問題がある場合は、直ちに修復できるように早速の確認が欠かせません。

 

 今日は、ひとまず根管治療についてここまでに終わりにしたいと思います。根管治療に関する治療用歯科機器や歯科器具にご興味がある方はホームページへお越し下さい。製品にかんする質問はいつでもお問い合わせセンターをご利用ください。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp