製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 口腔内カメラのメンテナンスについて

口腔内カメラのメンテナンスについて

 

 よく口腔内カメラの選び方などについて耳にしたことがあると思いますが、口腔内カメラのメンテナンスについては、知っていますか。口腔内カメラは他の歯科器具と同じように、適当にメンテナンスが必要です。メンテナンスにより、口腔内カメラの寿命も長くすることができます。早速ですが、一緒に検討しましょう。

 

 口腔内カメラをご購入後、製品の仕様、特性そして作用などをしっかり了承しておいてください。正しく製品を使うだけではまだまだ足りません。使用後のメンテナンス等も大事です。使用した内視鏡を乾燥したら、多酵素の溶液に侵してください。侵入時間が説明書に従ってください。その後、水で流して洗ったら、乾燥な布で内視鏡を拭着ましょう。それから、カメラの軸部分や、曲がり部分、そして管道内部も、柔らかいブラシで磨きながら洗いましょう。磨く時には、鏡に傷付けないように注意してください。

 

 口腔内カメラの解体できる部分はできるだけ下ろしてメンテナンスしましょう。そして、超音波で洗浄できる部分は、超音波洗浄機を使いましょう。

 

 ここで記入したメンテンナンスは、一般的なメンテナンス方法です。もちろん違う製品により、メンテナンス方式が違います。製品をご購入前に、一度担当者に詳しい情報を訪ねてください。そして、使用中なにかご不明な事が起こしましたら勝手に解決しようとすることをやめてください。できるだけ早めにメーカーと連絡を取れますように、弊社のアフターサービスとご連絡をください。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp