製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 口腔内カメラのし使用注意事項

口腔内カメラのし使用注意事項

 

 口腔内カメラの登場は、口腔内審査にとっては、とても大事な助かりでした。口腔内カメラにより、直接に患者様の口腔内状況を患者さまの目の前に映って差し上げて、あまりの説明や解釈などがいりません。口腔内カメラの協力で、言わなくても患者さんが治療の迫切性をはっきりわかるようになります。では、口腔内カメラは使用中の注意事項はなんでしょうか。今日は、これについて少しお話しましょう。

 

 注意事項:

 1.口腔内カメラにとっては、よく壊れたのはカーブルのことです。検診するごとに、 カーブルと接続口外れることにより、接続不良になります。接続不良により、撮った画像には邪魔が入ったり、色の偏りが起こります。

 

 2.口腔内カメラを使用する時には、手袋を使ってください。手袋を使うと、患者に感染を予防できるだけではなく、カメラを保護することができます。

 

 3.vウェブカメラを異物で塞がれないようにご注意ください。

 

 4.口腔内カメラとセットになっているモニターは使わないときには、電源を切ってちゃんと保管しておいてください。傷等をつけないようにご注意ください。

 

 5.口腔内カメラを使わないときには、ハンドルのライトを閉めてください。長い時間を使わないときには、電源を切って保管してください。

 

 現在の口腔内カメラの撮影により、直ちに口腔内状況を判断できます。もし、口腔内には、少し異常がある場合は、すぐ治療を受けますように、気をつけてください。以上は、口腔内カメラについての注意事項となります。口腔内カメラに関する製品は、http://www.athenadental.jp/category-2022-b0-口腔内カメラ.htmlへお越し下さい。製品に関して質問がある場合は、いつでも遠慮なくお問い合わせセンターをご利用ください。では、よろしくお願いいたします。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp