製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯髄炎の誘因

歯髄炎の誘因

 口腔健康は現在多くの人に大事されています。でも、現在生活レベルが上がる一方で、口腔内問題も日々深刻になっていきます。自分は歯医者でなくてもすこし口腔常識を知っていけば、口腔予防になれます。それでは、今日は歯髄炎の誘因について少しお話します。

 

 1.細菌元素

 歯髄炎は、感染病といっても過言ではありません。病源というと、答えは細菌です。歯髄炎は口腔感染、歯周感染及び血液感染といったような感染方法があります。そして、虫歯等の原因で、歯髄を明るくにさせると、歯髄炎になり易いです。

 

 2.物理元素

 歯髄炎の誘因の一つは物理元素であります。物理原因ときたら、外傷や咀嚼中硬いものを噛んで、歯を傷つけさせたり、口腔内治療中の意外で歯をダメージしたりすることにより、歯に機械的な害を与えて、歯髄炎になるリスクを高めます。

 

 3.化学元素

 口腔内治療中、ハンドピースなどの高速回転や、外界から繰り返して刺激をあげたり、根管治療により化学用品などの感染などで歯髄炎になります。

 

 4.突発元素

 突発元素というと、日常の生活からよく起こります。例えば、毎日のケアの不足で、歯と歯の間に異物を残して歯髄炎を起こします。

 

 口腔健康には、口腔ケアが欠かせません。自分では毎日ちゃんとしておいて、そして定期的に歯科病院でX(歯科レントゲン)をもらう方がおすすめします。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp