製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 使い捨てのハンドピースのメリット

使い捨てのハンドピースのメリット

 

 現在の歯科分野では、色々ハンドピースが登場しました。機能の方は、外観の方も、より実用、より綺麗な製品が人の目に入りました。現在登場した製品は、もちろん歯医者さんに楽な治療をあげたい、そして患者様に負担をさせたくないため、デザインしたものなんですが、その中、使い捨てハンドピースの方も、今人気品になりそうです。それでは、使い捨てのハンドピースのメリットはなんでしょうか。今日は、これについて少し話しましょう。

 

 ハンドピースはよく歯周病や虫歯などの治療で、壊れた部分を掘ってまた治療を行います。そしてハンドピースは直接に口腔内に接触する歯科器具の一つで、細胞や粘膜に接触することが避けられません。ですから、もし滅菌不足になると、交叉感染になります。そして、ハンドピースもエイズや乙型肝炎といったような血から感染する感染病のキャリアとされます。

 

 それでは、感染を起こる方法をお教えします。

 1.ハンドピースで治療を行うときに、患者の血や唾液などがハンドピースの内部に入り、洗浄や滅菌不足になると、次回治療を行うときに次の患者に伝染することになります。

 2.高速ハンドピースが稼働中、病原微生物を含める異物を空気に発散して、空気を汚染することになります。

 3.ハンドピースが回転から止まるときには、患者の口腔内の病原微生物をハンドピース内部に逆流することになります。

 

 歯科ハンドピースの滅菌の覚悟はまだまだ向上させるべきですが、その際は、使い捨てのハンドピースが最も適当な製品ではないでしょうか。滅菌不足により感染などが色々ありますので、口腔治療を行ってもらうときには、是非正規な病院で行いましょう。

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp