製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > ハンドピースを交替して使うと、寿命を長くする

ハンドピースを交替して使うと、寿命を長くする

 

 現在医療界の発達に連れて、歯科分野への注目がだんだん熱く集まっていきます。そうすると、歯科分野の歯科機器や器具などの需要も日々多く上がります。現在、どの歯科病院も揃っている歯科機器のなか、タービン(ハンドピース)、超音波スケーラー、ホワイトニング機、そして根管測定器、また色々器具が必要ですね。専門医でない貴方にとっては、そんなく詳しく知っていないかもしれませんが、歯科病院で治療をしてもらうときには、確かにそれほど、多いの機器や器具が必要です。

 

 それらの器具の中では、歯科ハンドピース、いわゆるタービンの方が、どうしても欠かせません。ハンドピースは多く分けてみると、高速ハンドピースと低速ハンドピースに分けられます。そして、低速ハンドピースの中はストレートとアングルが含めています。ハンドピースの場合は、使用ごとに、ハンドピースへも一部の摩損や障害を与えます。どの機器や器具でも、使用限定がありますね。一生に使える器具などがないと思います。そうといっても、器具を大事にすると、使用限定が長くすることができます。その件も、ハンドピースに適用です。

 

 歯科ハンドピースは、歯科病院にとって欠かせない重要な存在で、毎日使っている歯科器具の一つです。高速ハンドピースのほうは、使用中高速で回転して、長い時間を使うと、軸にも損を与えます。その時は、「器具疲れ」という言葉があり、軸の寿命もそれにより、短くします。弊社の修理返送の記録によります、ほとんどは「ハンドピース疲れ」により、ハンドピースは異常がでるのです。

 

 ですので、ハンドピースをご使用の時に、2本のハンドピースを交替して、使いましょう。一般的にユニットの上では、二本の高速ハンドピースが付いていますが、一本ずつ10分間ほど使いましょう。そして、交替して使用してください。そうすると、器具の疲れを多く減少して、異常も少なくするだけではなく、器具の寿命も長くすることができます。


 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp